« 経営学Get! | トップページ | 一青窈「影踏み」 »

2007年9月 2日 (日)

前田選手2000本安打おめでとう!

プロ野球広島東洋カープの前田智徳選手が昨日2000本安打を達成しました。

私は広島ファンではないのですが(ジャイアンツファンです)、前田選手は高校の頃から注目していたこともあって、この偉大な記録達成にはものすごく感動しました。

なぜ私が注目していたかというと、高校2年生の時に私の学校が夏の甲子園に出場した時の対戦相手が前田選手のいる熊本工業だったからなのです。当時から、右の元木(上宮高校:元巨人)左の前田と言われ注目はされていましたが、元木選手に比べるとその知名度は低かったように記憶しています。しかし、生でそのプレーを見た私は、「今年のドラフトでジャイアンツは前田を獲るべきだ!」と素人ながらに思ったものです。

結局、広島にドラフト4位で入団したのですが、すぐに頭角を現して「ほら、前田を獲っておけばよかったのに」とジャイアンツファンとして悔しい思いもしましたが、その後アキレス腱の怪我に悩まされながらも懸命にプレーする姿に敵ながら応援をしていました。

私と1歳違いの「天才」が人並み外れた努力の末に成し得たこの記録に心から拍手を送りたいと思います。「凡人」の私はもっと頑張らないといけないのでしょうね・・・

スポーツ報知 より引用

 ◆広島14−7中日(1日・広島) 孤高の天才打者が、ついに大台に乗せた。広島・前田智徳外野手(36)が1日、中日17回戦(広島)で史上36人目となる通算2000本安打を達成した。9−7の8回2死満塁、久本から右前へ2点適時打を放って記録した。プロ1年目の1990年6月6日、ヤクルト8回戦(広島)で西村から初安打を放って以来、18年目、1895試合目での快挙。右アキレスけん断裂などのけがを乗り越えた苦労人は、地元ファンの前で歓喜の涙を流した。

 おびただしいフラッシュでスタンドがきらめいていた。4打席凡退で迎えた8回の5打席目。観客の期待はふくれあがり、声を限りに「マエダ!」と連呼した。待ち望んだ一打にふさわしい、鋭い打球が右前へ。ヒーローインタビューでの「今日という日を一生忘れることはないです」という前田智の言葉を、本拠地今季2番目の2万9541人のファンが共有した。

 半分あきらめていた。8回の攻撃は6番の栗原から。「もう回ってこないと思っていた」それでも、この回9番目の打者に、逆転してなおも2死満塁のチャンスがめぐってきた。「打たないわけにはいかなかった」仲間への感謝を、力強いスイングに変えた。

 「けがが多く、チームの足を引っ張ってきました。本当に、こんな選手を応援していただいて…」苦しみ抜いた野球人生だった。1995年5月23日のヤクルト戦(神宮)。「切れた! 切れた!」という悲痛な叫びが、地獄の始まりだった。二ゴロで一塁に駆け込んだ際に、右アキレスけんを断裂。奇跡的な復活を遂げたが2000年、今度は痛めた左アキレスけんにメスを入れた。

 両足に“爆弾”を抱え「もう野球をやめないといけない。こんなプレーでは…」。リハビリの過程では「走りながら怖さをとっていきましょう」と、助言するトレーナーに、「走らないんじゃなくて、走れないんだ!」と、激しい押し問答にもなった。

 「前田はもう死にました」と、話すほど追いつめられた。だが、野球に対するストイックな姿勢は失われなかった。自宅に帰ってからも、深夜に毎日素振りを繰り返した。バットを抱きかかえて眠りについた。打撃練習でうまくいかないと、感情を抑えられずに叫ぶことさえあった。入団間もないころの早出特打。当時の水谷打撃コーチに「打撃投手がこわがって投げられないだろう!」と、一喝された。「あのおっちゃんたちに、褒められたい一心だった」苦闘の日々が、礎だった。

 記念の一打を放って一塁へ到達した背番号1のもとへ、ユニホーム姿の5歳と4歳の2人の愛息が、花輪を持って祝福に来てくれた。「カープの前田はつまらん。ホームランを打たんもん」と、不満を言われることもあったが、幼い2人の目にも、大拍手を受ける父の雄姿は焼き付いただろう。

 「今季のここまでの戦いを思うと、悔しくてなりません」お立ち台では、振るわない自身とチームに対する悔しさから思わず涙を流した。大記録を達成したサムライは「ファンの方に、1つでも多く勝利を」と、巻き返しを高らかに誓った。

 ◆前田 智徳(まえだ・とものり)1971年6月14日、熊本県生まれ。36歳。熊本工高から89年ドラフト4位で広島に入団。ベストナイン、ゴールデングラブ賞をそれぞれ4度獲得し、オールスター戦には6回出場。今季の年俸は2億1000万円(推定)。175センチ、80キロ。右投左打。家族は妻と2男。

|

« 経営学Get! | トップページ | 一青窈「影踏み」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219116/16316260

この記事へのトラックバック一覧です: 前田選手2000本安打おめでとう!:

« 経営学Get! | トップページ | 一青窈「影踏み」 »