« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月30日 (火)

奨学金予算削減について

H19.10.29産経新聞より引用

 財務省は28日、来年度予算で文部科学省の奨学金事業予算を削減する方針を固めた。奨学金を遊興費に転用する学生が目立ち、苦学生支援という奨学金本来の意味が薄れつつあると判断している。奨学金を返さず、回収不能に陥った延滞債権総額も急増、平成18年度には2000億円を突破しており、財務省では新たな保証制度の義務化も迫る構えだ。

 文部科学省は来年度予算の概算要求で、奨学金関係予算として前年度を約210億円上回る1439億円を計上した。

 奨学生数は、19年度で全国の大学・短大生の3分の1に当たる114万人に膨らんでおり、奨学生数の拡大を背景に奨学金関係予算は年々増加している。

 ただ、財務省は奨学金が「必ずしも苦学生でない人も対象に入っている」と指摘。無利子奨学金に比べて審査基準が緩い有利子奨学金まで含めると、年間所得が1344万円以下の世帯が対象で、大学生などの子供を抱える世帯の約8割が条件に当てはまる。審査の学力基準も緩く「手を挙げた人はだいたい奨学金がもらえる」(主計局)のが現状だという。

 財務省によると、奨学金を電話代や海外旅行費など勉学以外の目的に費やす奨学生が増加傾向にある。これに対して勉学費や書籍購入費は大幅に減少しており、財務省は奨学金が勉学よりも娯楽に振り向けられているとみている。

 一方、貸し出した奨学金が回収不能に陥るケースも急増している。

 18年度には延滞債権総額が2000億円を超え、15年ほどで約3倍に膨らんだ。旧日本育英会の奨学金事業を引き継いだ日本学生支援機構が回収を進めているが、18年度に回収を行った1万件のうち、約半数の4395件は居所不明などの理由で未回収のままだ。

 このため、財務省は奨学生に対する機関保証の義務化などを検討している。奨学生が毎月一定額の保証料を日本国際教育支援協会など保証機関に支払うことで、返済が滞った場合、保証機関が本人に代わって返済する制度を導入することにより、同省は未回収リスクを回避できるとみている。

 文科省は「事業費の不足で、貸与の条件を満たしていても奨学金を受けられない学生が毎年いるのが現状」として予算増額の必要性を強調するが、財務省は「納税者に説明できるとは思えない」として削減方針を固めている。

私は十数年前、この記事にある「日本育英会」の奨学金を貰って大学に通っていました。月5万円くらいの給付だったと記憶しています(私立の理系)。そんなに余裕がなかった我が家にとってはとても貴重で、実験・実習等にかかる費用などはこのお金から出していました。いわゆる「机の上の勉強」だけが勉強ではないので、海外旅行などの遊興費も広い意味では「勉学」のため費用といえなくもないのでしょうが、奨学金を貰ってまですることなのかな?と思ってしまいました。

そういう私も貰ったお金を全て学業に充てていたかといえば、間違いなく「No」だったでしょうが、それでも「後で返さなくてはいけない!」と思うとそんなに無駄遣いはしてなかったと思います。なにせ、返さなくても良い条件に「(確か公立のみ?)教員になること」とあったので、教職課程を取って奨学金をチャラにしようとしたくらいですから。もっとも、そんないい加減な志だったのですぐに挫折しましたけど...

結局、教員にはならなかったので就職してから返済していったのですが、確かに「辛い・キツイ」ものがあります。私の場合、年12万円位で20年かけて返済していくパターンで、12月のボーナスで支払っていました。新入社員の頃ってただでさえボーナスの額が少ないのに、そこから12万円も引かれたら残る額はほんの僅かです。

「奨学金を返さなければ、(生活が)楽なのにな。」こう思ったことは何度もありました。しかし、返済しなければ後に借りたい人たちが困ると思い、余裕が少しでもあれば返すようにして、2年前に返却し終わりました(期日前に返済し終わったら、一部ボーナス?的意味合いからかお金が返ってきました)。

奨学金制度はとても有意義なものだと思うので、現在の問題点を改善し、より充実した制度になればよいなと思います。そして、借りたままそのままにしている人が「借りたものは返す」という当たり前のことを実行して欲しいと心から願っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

卒業申請書は11月5日16時締切です!

おはようございます。

昨日はこれまでの疲れが出たのか、極度の体調不良により1日中寝ていました。せっかくの週末なのに...ちょっと気を抜くとダメですね。

今日はこれから仕事です。サックと終わらせて「卒業申請書」を出しに行く予定です。通信教育の場合、卒業単位を満たしていてもこの「卒業申請書」を提出し教授会で卒業が認められないと卒業できません。卒業単位まで卒論含めてあと十数単位残っていますが、来年の3月に卒業するためにはここで提出しておかなければなりません。

法政通信9月号を見た時は「まだまだ、先だな。」と思っていましたが、気が付けば後数日となっていました。すっかり忘れていたのですが、昨日たまたま法政通信9月号を見て思い出しました。明日からまた朝から深夜まで仕事になるので、そのまま期限切れで自動的に「留年決定!」となるところでした。申請書を提出しても、「卒論と残りの単修は大丈夫?」という問題は残りますが...

というわけで、まだ提出されていない方は早めに提出して、来年の3月に一緒に卒業しましょう(私の場合、非常に厳しい状態ですが希望は捨ててはいませんよ)!

H191028

家から見える今日の富士山です。知らないうちに雪が被っていました。もうすぐ11月ですからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

モデルチェンジ

こんばんは、今日は早め(といっても、22時ですが...)に仕事切り上げ、シャワー(今日は経済的な行動です)を浴びて晩酌です。8時30から夜の1時過ぎまで働き続けるのは、体だけでなく精神にも影響を及ぼしますね(心が折れそうになります)。

今日の帰り、信号待ちでふと前に止まっている車を見たら、私の乗っている車種の新型バージョンでした。「随分ゴツくなったなぁ」と思いながら、ナンバープレートに目をやると、「3ナンバー」となっているではないですか。私のやつは「5ナンバー」。

なぜ、なぜ、Why、Why...

私の車(種)に限らず、モデルチェンジの際に「5ナンバーから3ナンバーへ変更」って結構多くありませんか?自動車メーカーからすれば、「ユーザーのニーズを取り入れつつ付加価値をつけて...etc」ということなのかもしれませんが、大型化すればよいってもんじゃないよ!と思うのは私だけでしょうか?

街を走っている車を見ると、3ナンバーが結構走っているのは確かなので、「私が変わっていて、一般的には3ナンバーを選ぶのかな?」なんて思いながら帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささやかな贅沢

ここのところ、その日のうちに帰ってこられません(今日も今帰ってきました)。起きている時間はひたすら仕事をしているという日が、ずっと続いています。とりあえず、生活できる給料は貰っているものの人並みの生活ができないのは、ある意味「ワーキングプア」といってもよいのではないか?と思ってしまいます。

さて、こんな生活で楽しいことといえば「食事」「睡眠」くらいしかないのですが、あまりにも寂しいので、先日、仕事帰り(深夜です)に24時間スーパーで「入浴剤」を買ってきました。

疲れきった体に入浴剤入りのお風呂は、なんともいえない心地良さがあり、あまりの気持ちよさについ転寝をしてしまいます。そのまま沈んで、慌てておきることもしばしばです(気をつけないと...)。

一人暮らしの身では、毎日浴槽にお湯を溜めてお風呂に入ることは贅沢な事(体を洗うのであればシャワーで十分)ですが、この贅沢が最近の自分を支えているといっても過言ではありません。

そろそろ、お湯が溜まってきた頃なので今日はおしまい!

風呂入って寝ます、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

小麦価格高騰で“ぺヤング”も値上げ

おはようございます。

昨日は職場が電気関係の工事及び点検による停電のため、仕事にいかず家で1日中寝ていました。今日も今起きたところです。平日がきつい分、休日になるとだらけてしまいます。

朝起きてネットを見ていたら、(私にとって)重大なニュースが飛び込んできました。

毎日jpより引用(H19.10.18)

<まるか食品>「ぺヤング」値上げ
 まるか食品は18日、「ぺヤング ソースやきそば」などの即席めん12品目を、来年1月1日出荷分から10%前後値上げすると発表した。原料の小麦や包装資材の価格が高騰しているためで、値上げは90年以来18年ぶり。主力商品の「ソースやきそば」は、希望小売価格(消費税別)を155円から170円に引き上げる。
あの「四角い顔(ちょっと古いですか?)」のぺヤングソース焼きそばが値上げするそうです。子供の頃から、根っからの「ぺヤング好き」としては衝撃的事態です。
小麦の価格高騰がここまで及んでいるのですね。既に一部のパンなども同様に値上げを発表していますが、そのときは「パンはお菓子(食事は米)」という人間なのでそんなにダメージは感じませんでした。
しかし、今回は違います。ぺヤング以外に即席焼きそばを認めておらず(最近は、マルちゃんの「俺の塩」も認めています)、常にストックを切らさず「必ず家にある」というのがあたり前であった私にとって、ショック以外何者でもありません。
ここのところ毎日続く深夜にも及ぶ残業の中、小腹が空くときはやっぱり「ぺヤング」を食べてます(さすがに毎日ということはありませんが...)。これからは、安いときに大量に買っておく必要がありそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

今帰ってきました。

こんばんは、気が付けば10月の半ば過ぎましたね。さすがにシャツ一枚では寒くなってきました。

今日は先程帰ってきて、洗濯をしながらこの文書を書いています。

ここのところ、終電まで仕事をしても全然片付く気配がないので、車で職場に行って0時過ぎまで仕事をしましたが、やはり片付く気配がしなかったので帰ってきました。今年も残り二箇月半、いつまでこの状態が続くのか先が見えない状況です。

今週末も、知り合いの結婚のお祝いに誘われていたのですが断りました。義理を欠いてばかりで、友達もいなくなりそうです...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

10月単修 その2

日曜日の単修は、昨日書いたとおり試験自体は全くダメでだったのですが、少しだけ、「なるほど」と思う話が聞けました。

今回、試験官は一人で法政通信OBの方でした。その方の話では、地方の単修試験はOB会が協力しているそうです(本当は大学職員の方1人が加わった2人体制みたいですが、今回は急遽来られなくなったため1人とのこと)。

その方は「以前の試験会場では、試験を行う部屋以外の部屋も使えたので、試験を受けない人も試験を行わない部屋に来ていて情報交換をしていた。この会場になってから、それができなくなった。静岡支部が休止になったのもその影響が大きいと思う。」という内容をお話しされていました。

私は、法政大学に入学して5年目(気が付いたらそんなに経っていたんだ~)ですが、静岡(市)で試験を受けのたは実は今年度に入ってからで、それまでは東京(あの62年館)でばかり受けていました。入学した年の1年間は静岡市に住んでいたのですが、特にこれといった理由はなく(土曜日泊まってフラフラするのが好きだったのかも?)東京で受けていました。その後、下田に引越ししたこともあって、ますます静岡(市)で受験するモティベーションが下がりました(下田からだと静岡も東京も時間はそんなに変わりません)。

でも、今年になって静岡で受けて「人数少なくて受験するには良いな」ということを感じました。東京の場合、それも一科目受験の場合教室の中がもの凄く混み合っていて、体調が悪いときなどどうしようかと思ってしまいます。地方→東京の会場変更は可なのに、その逆は会場の関係で不可になっていますよね。程度もありますが、認めても良いのではないかと思いました。

試験会場の変更だけが休止の理由ではないのでしょうが、法政通信で支部会からのお知らせがある度に、「参加しようかな(したいな)」と思ってはいたものの、結局何も参加しないうちに休止となってしまったので、それまで役員等支部活動をしていた方たちに悪いなという気持ちを持っていた私としては少し救われた気持ちになりました(私自身の勝手な気持ちですけど)。

「OB会としても、来年度は試験をする以外の部屋も借りられるよう、お願いしていきたい。」といったこともお話されていたので、私もできる範囲でお手伝いできればと思いました。OBとしてか、試験参加者としてはわかりませんが...後者の可能性が日に日に大きくなっている今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

10月単修

おはようございます。通勤電車からの更新です。昨日、単修を受けてきましたが、手応え0でした。試験勉強する時間もなく、ぶっつけ本番で臨んだので当然ではありますが…試験問題をもらいに行っただけになってしまいました。来月も同じ事を繰り返しそうですが、それなりに時間を作って対応したいです(卒論も何とかしなくては)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

福井市に行きました

先日、法政大学のスクーリングで福井市に行ったので、そのとき見てきたものを紹介します。

Photo 福井市は路面電車が走っています。実は福井市に路面電車が走っていることを知らず、自称(?)、「路面電車好き」としては己の勉強不足を反省しました。

意味もなく近くの停車場まで乗ったのですが、ガラガラでした。広島や松山で乗ったときは結構混んでいたのですが...バスも結構走っていたので、市民の足としてはそちらの方が主流なのでしょうか?

100 宿泊先からスクーリング会場の間で見つけた看板(その1)です。

特にどうって事のないものですが、今使っているパソコンが、下田の100満ボルト(今は別の店名になってしまいましたけど)で買った事もあって、つい「100満ボルト創業地」 に反応して撮ってしまいました。

Photo_3 宿泊先からスクーリング会場の間で見つけた看板(その2)です。

雪が降る地域ならではの工事ですね。工期も11月末になっている(雪のシーズン間に終わらせる)し、さすが!北陸って思いました。静岡って、雪が殆ど降らないのでこのような工事しないんですよね(と、いうものの私の勤務先は静岡では雪がよく降る場所なのですが...)。

Photo_6 Photo_7Photo_8

Photo_9 Photo_10 福井は歴史の街でもあります。柴田勝家が北の庄に城を築いたことに始まり、勝家が豊臣秀吉に敗れた後も結城秀康(徳川家康の次男)が福井藩主として入城したことから、徳川譜代として江戸時代は他藩と別格の扱いを受けました。幕末には、安政の大獄で処刑された橋本佐内や明治政府の要職についた由利公正ら歴史のキーマンがいたところでもあります。

写真:上左から柴田神社、横井小楠居跡、由利公正居跡付近  下左から橋本左内墓所、左内町

柴田勝家とともに自害したお市の方(織田信長の妹)は絶世の美女だったそうです。前夫の間にいた3人の娘は助かり、長女の茶々(後の淀君:豊臣秀頼の母)をはじめ、それぞれ歴史の中で活躍したそうです。

横井小楠は、元々熊本で生まれた人で福井にも居住していたそうです。幕末の偉人たちとの交流もあり、坂本竜馬とも親交がありました。由利公正は横井小楠の紹介で坂本竜馬との交流がありそれがきっかけで明治政府の要職に就きました。ちなみに、竜馬は福井で彼らと会った2週間くらい後に京都で暗殺されました(記憶違いで、間違っていたらスミマセン)。

私の「竜馬バイブル」(司馬遼太郎の小説の方ではなく漫画というのが私らしい?)

橋本佐内は安政の大獄により25歳の若さで命を落としています。「左内町」という地名があるくらいなので福井では彼の実績が評価され人気があるのでしょうか?同じ福井藩士の由利公正の居住跡(付近を探したのですが結局見つかりませんでした)と比べると、墓所があまりに立派だったので、「藩のために命を落とした者」と「藩と対立して蟄居していた者」との差かな?などど勝手に思ってしまいました(あくまでも、個人的な意見です)。

Photo_12 最後に食ですが、福井元祖「ソースカツ丼」が予想以上に美味しかった(口にあった)です。マヨネーズをかけると、お好み焼きの豚玉みたいな味がして更に美味しかったです。写真で白く光っているのは半熟たまごです(相変わらずうまく写真が撮れません...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

人生について考えました

久しぶりの更新です。

福井スク無事終了しましたが、予想通りその影響(連休中仕事をしなかった)で、今週は毎日帰宅が23時(限りなく0時に近い)過ぎでした。

福井に行ってきたので、その話(写真も)でも書きたいところですが、ちょっと私にとって考えされられる出来事がありまして...それは、今日(正確には昨日ですが)、職場にかかってきた大学(既に卒業した方です)の後輩からの電話からはじまりました。

後輩:「先輩(私のことです)、○○さん(私より一学年先輩)が亡くなったって知ってます?」

私:「はぁ(こいつ、何を突然言ってんだ)?知らないよ。具合が悪いなんて話、聞いていないし。」

後輩:「それが、突然らしいですよ。大動脈瘤とか言ってたんですけど、子供さんの運動会に参加して、背中か腰が痛いと言うことで病院に行ってそのまま手術したけど、ダメでということらしいです。」

私:「本当・・・、告別式とかは?」

後輩:「それが、明日みたいです。先輩どうします?」

私:「行かれれば、行きたいけど、東京だし...近いうちに機会を見つけて行こうかな?」

後輩:「そうですよね。自分も行くの厳しいです。もし行く機会があるようでしたら、連絡してください。」

私:「そうするよ。電話ありがとう。」

10分かからない位の電話でしたが、色々な思いが頭の中を駆け巡りました。亡くなった方は、大学の研究室で大変お世話になった方で、ここ数年はお会いしてなく年賀状のやり取りのみとなってました(昨年、私の祖母が亡くなったので、今年の年賀状はやり取りしていません→喪中葉書を出したのみ)。

知人の最後よりも仕事を優先する自分がひどく情けなく思えたり、若くして残された本人及び残された家族の思い、私がもし死んだらどうなるのだろう...ete色々な思いがよぎってきましたが、その間にも怒涛の打ち合わせ・問い合わせ・催促に対する対応をこなしました。

流されるままの現在の生活(これまでの生活も含めて)を振り返って、「俺の人生って何だろう(こんなんで良いのかな)?」なんて考えされられる出来事でした。

※とりあえず、時間もないので途中ですがここまで。後日、もうちょっと文章を直します。文章になってないまま載せてしまってゴメンナサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

福井へ移動中

こんばんは、携帯からの更新です。明日からの福井スク、何とか参加できそうです。切符(指定席)も買えて良かったです。でも、JRの指定って何で、空いている席がある一方、三人席をぎゅうぎゅうにしたり、とバランスが悪いのでしょうね。今乗っている新幹線も、見渡すと誰も座っていない席と横全てが埋まっている席が見事に別れています。福井へ到着するのは24時位になるので、今日は早々に寝て、福井の夜は明日以降に楽しみます(その前に授業ですね)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

明日の準備にてんてこ舞い?

こんばんは、今度の三連休の福井行きに向けこれから準備に取り掛かります。

本当は、明日半日くらい休暇をとって準備をしたいのですが、仕事が忙しいことと、職場の同僚(後輩)の結婚のお祝いをするので今日のうちにやっておかなくてはならないのです。

明日は、職場に出て(仕事して)、就業後飲み会をして、そして福井まで移動という強行日程です。独身30代が20代の結婚のお祝いをするとは・・・心中複雑です。

毎日毎日遅くまで(時には土日も)残業しなければ出来ないくらい仕事を割り当てられ、あちらこちらに転勤はさせられて、その結果出会いも無く今日まで・・・なんて考え始めると、自分が惨めになってくるので今日はこの辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

福井スクに行きます!

福井スクに行きます、行きます、行きます、行きます、行きます・・・・・

突然、訳のわからない宣言(つぶやき?)から始まりましたが、今度の三連休は法政大学の通信教育のスクーリングで福井へ行く予定です。

しかしながら、仕事が多忙(というかタイミングが悪く)であるため、参加するかどうかずっと悩んでいました。既に今年は、メディアスクと名古屋スクを欠席しており、4万円がパーになっています(泣)。この三連休も仕事しないと後々大変なのは重々承知してはいるのですが、これも欠席するとこのままズルズルと勉強をサボってしまいそう(既にこの一ヶ月何もしてません)なので、「絶対出席」することを決めてここに宣言(?)します。

既に宿は取ってあるのですが、往復の切符をまだ購入していません。テキスト(特に指定は無かったですが、参考図書の紹介はありました)も用意していません。多分、明日以降に早く帰って購入することは難しいと思うので、切符は当日購入、テキストは参考図書以外の今持っている本を持参することになりそうです。

水・木・金の間に何かあって結局「欠席」なんて事があったらゴメンナサイ。

※9/29日の記事が、ニフティで紹介されたんですね(アクセス数を確認したら、いつもより一桁多かったです)。「旬の話題ブログ」スタッフの方ありがとうございました。F-1日本グランプリは、帰りのシャトルバスや全然見えないスタンドの件もあって、あちらこちらで非難があがってますね(いろんな所の掲示板が炎上してます)。日曜日の昼、御殿場・小山地区にドライブ兼ねて混雑がどんなもんか見てきましたが、「パークアンドライド」が効いているのか普段の週末よりも空いていました(一部、裾野インター付近や太平洋クラブゴルフコース付近は混んでいたようですが)。その一方、三島駅周辺では結構遅い時間(私が確認したのは20:30位)までシャトルバスが入ってきており、皆さんグッタリしながら新幹線改札口に向かっていました。シャトルバス運行は今後の大いなる反省点でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »