« 新幹線の中で読んだ本 | トップページ | 松山千春「再生」 »

2007年11月17日 (土)

結局、誰の責任?

 こんばんは、昨日からすっかり寒くなりましたね。相変わらず、毎日忙しく過ごしています。今日も仕事に行ってきましたが、疲れからか思ったより全然進みませんでした。明日も出勤しないといけないかな?とも思っています。

静岡空港建設現場で死亡事故(H19.11.16 毎日jpより引用)

 16日午前7時5分ごろ、静岡県島田市湯日の静岡空港建設現場の作業用道路(幅18メートル)で、同市船木の建設会社員、平口容嗣さん(45)の大型ダンプ(64トン、最大積載量90トン)が、同市井口の建設会社員、渡辺洋平さん(29)の作業用トラック(1.5トン)に乗り上げた。前輪タイヤ(直径2.6メートル)に押しつぶされたトラックは大破し、渡辺さんは即死した。

 県警島田署の調べでは、山の土砂を採掘し整地する作業現場で、上りこう配の道路を大型ダンプが登り切ったところで、前方にいたトラックに乗り上げたとみられる。

 空港の是非で話題の静岡空港で事故があったのですね。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
 空港の是非については色々な意見がありますが、建設現場では開港に間に合わせるため(地権者との問題もあって工期が遅れ気味?)日々工程管理に追われて大変だったと思います。
 このような事故があると、「原因は?(誰の)責任は?」という議論がありますが、犯人探し的な議論が多く、もっと当事者(事故を起こした人を含めて)の心の傷にも目をやる(対応する)べきではないかといつも感じてしまいます。
 
 毎日忙しくしていると、「つい、うっかり」といったミスをやらかしてしまいます。幸い私は今のところ事故にはつながってはいませんが、徹夜で仕事をして交通事故を起こした人が私の会社でいます。たいした事故ではなかった(相手の車に「コツン」と当たった程度)ですが、行政処分(免許の点数減点、罰金)はもちろん、会社での処分を受けました。個人に何の責任も無いと言うつもりはありませんが、何かやりきれないものがあります。
 今回の建設現場での事故も「医療ミス」、「運送車の事故」もその多くが“過酷な労働条件による人的ミス(判断ミス、居眠り等)”であるように、“過密なスケジュールによる無理がたたった事”もその一因じゃあないなのかな、と思いました。
※仕事から帰ってきたら、10月の単修結果がきてました。予想通り「2科目とも×」だったので、どっと疲れがでてきました。12月頑張ろうと思います(これは個人の責任ですからね)。

|

« 新幹線の中で読んだ本 | トップページ | 松山千春「再生」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219116/17097185

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、誰の責任?:

« 新幹線の中で読んだ本 | トップページ | 松山千春「再生」 »