« 柳川範之「独学という道もある」 | トップページ | 最近の辞書は軽い? »

2009年2月24日 (火)

子供の頃の夢と今の仕事

コネタマ参加中: 子どもの頃に“将来なりたかったもの”は何?

子供の頃、というか中学生~高校生位までは、“歴史(考古)学者”になりたかったですねhappy01

元々、「マンガ日本の歴史(多分、学研?)」とか歴史小説をよく読んでいたことや、近くにちょっとした遺跡があったことから歴史に興味があったのですが、なんといってもインディー・ジョーンズへの憧れが一番のキッカケです。

とにかく、知的勇敢カッコいいgoodあんな風になりたい→歴史学者sign01と、単純な理由で考えていたのですが、その後、シュリーマンの伝記やマスターキートン(今度はマンガですsweat01)を読んでますますその思いは強くなっていきました。

高校に入り、進路を決めるのに際して文系or理系を決めることになるのですが、私は当然「文系pencil」を希望したところ、親が絶対に「理系wrench」にしろsign03でなければ大学進学は認めないannoy、と意見が対立・・・

結局、親の意見に従い理系に進んだわけですが、今度はどの学部学科が良いのか、わからない(というより、興味がない)状態となってしまいました。機械、電気、物理、化学・・・etc特に興味はないし、そんな時に目にしたのが次の言葉でした。

~地図に残る仕事~

そう、某建設会社のCMtvで流れている言葉です(キャッチコピー?)。

時はまさに、バブルで大型プロジェクト(ベイブリッジ建設、第二東名計画決定、静岡空港計画発足など)花盛りの頃、「歴史を探る仕事はできないが、歴史を創る(地図に残る)仕事はできるのかもしれないsign02」そう思い、土木工学科へ進学することにしました。

子供の頃に憧れていた職業には就けませんでしたが、僅かながらも繋がっている(と、本人は思っている)仕事を今しています。

※300本目の記事です。100、200本目の記事は愚痴が多かったですが今回はどうでしたか?

|

« 柳川範之「独学という道もある」 | トップページ | 最近の辞書は軽い? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

300本目のキリの記事だったのですね。おめでとうございます♪
ふと私にキリの記事ってどうだったかなと振り返ったりしています(たぶん、食べ物だろうな・笑)

子供の頃・・純粋な思いで(なんでも出来ると思っていたような)
私もその頃の夢とは少し違う仕事をしていますが
どことなくその路線であることに気づきました。
思いは人生と共に沿ってあるのでしょうね♪


投稿: あび | 2009年2月25日 (水) 08時04分

まずは ”祝!300本”

子供のころ、牧野富太郎の伝記を読んで、私も植物学者になりたい、と思ってたんですが・・・
全然ダメでしたね。
あの頃に戻れたら、もっと勉強するのに・・・

投稿: ゆみか | 2009年2月25日 (水) 23時19分

----
こんばんは。
卒論の結果ハガキきましたか?
わたしも理系です。
対人関係が苦手だったので、
迷わず理系に進みました。
専攻は機械工学です。
ほとんど勉強せずに卒業しましたが、
機械工学も今思えば面白いですよ。
浮き沈みのない息の長い学問でもあります。
できることならちゃんと一から勉強しなおしたいです。
通教をやると、なぜかアカデミック中毒になりませんか?(笑)

------------

投稿: hosei | 2009年2月25日 (水) 23時43分

あび様

>思いは人生と共に沿ってあるのでしょうね♪

そうですね。職業云々というよりも、“どう生きるか(生きたいか)”という思いみたいなものが変化したか・しないかに人生って影響されるのでしょうね。

投稿: ウッチー | 2009年2月26日 (木) 00時35分

ゆみか様

子供の頃は親に「勉強しろ!」と言われると反発していたのに、今になると「なぜ勉強しなかったんだろう?」と思うから不思議ですね。

投稿: ウッチー | 2009年2月26日 (木) 00時40分

hosei様

ハガキ、まだのようです(宅配やマンションのチラに紛れているかもしれないのですが・・・)。

学生時代、機械工学科の友人に図面を見せてもらったことがありましたが、土木に比べて圧倒的に線が多くて「俺にはムリ」って思った記憶があります(;´▽`A``

通教って、自分で調べて考えるという作業が中心なので、知らぬ間に“アカデミック(学者)”仕様になってしまうのかも知れませんね(笑

投稿: ウッチー | 2009年2月26日 (木) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219116/44168157

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の頃の夢と今の仕事:

« 柳川範之「独学という道もある」 | トップページ | 最近の辞書は軽い? »