« 「卒業」の二文字 | トップページ | 「牛乳のっぽ」食しました。 »

2009年3月 8日 (日)

ワークライフバランス、あなたの職場では?

おはようございます。昨日のWBCbaseball韓国戦、凄かったですね。この勢いのまま、突っ走ってdash欲しいです。

H21.2.27 静岡新聞より

大規模事業所ほど長時間労働 静岡の研究調査

 小規模事業所ほどワーク・ライフバランス(WLB)への認識や取り組みが低いが、従業員規模が大きい会社の従業員ほど労働時間が長い―。静岡ワークライフ研究所が県内事業所と勤労者を対象に昨年8月に行った調査で、大規模事業所ほど、仕事と生活の調和が取れていないとする従業員が多い傾向が明らかになった。調査結果は3月下旬に静岡市内で開くシンポジウムで公表する。
 同研究所は、県労働者福祉基金協会の研究機関。2年計画でWLBの「静岡モデル」構築を目指し、調査結果の分析を進めている。大都市圏に比べて通勤時間が短い地方都市としての実態を把握した上で、「1人当たり」ではなく「時間当たり」の労働生産性を高めていくことが企業の付加価値生産性向上につながると指摘。「雇用情勢が悪化している今だからこそ、働き方だけでなく生き方も見直すべき」(小栗広文事務局長)と訴える。
 事業所調査では、法令順守や労働安全・衛生確保への取り組みは90%以上が「取り組んでいる」としたものの、従業員のWLBの推進に取り組んでいる企業は約7割。従業員規模別に見ると、「熱心に取り組んでいる」「ある程度取り組んでいる」と答えた企業は、従業員1000人以上の事業所が81・3%だったのに対し、小規模になるほど取り組み状況が鈍い傾向が分かった。
 しかし勤労者調査をみると、従業員規模が大きいほど労働時間が長く収入も多いが、仕事と生活の調和が取れていない状況が鮮明になった。このほか、30―40代に仕事が集中し、WLBが取れていない状況や、既婚や子供のいる女性は既婚男性よりも家事負担が多いが、WLBを進める度合いが強い傾向があった。
 事業者調査は、従業員規模100人以上の県内企業966社と県中小企業団体中央会に加盟する100人未満の企業2200社に配布し、回収率は25・5%。勤労者調査は同中央会と連合静岡を通して8200人に配布、回収率は29・8%。

※太字・下線はウッチー

この調査でいう“事業所”という単位が、いわゆる“会社(企業)”単位なのか、それとも“営業所・工場・店舗 等”単位なのかわかりませんが、どちらに属していても厳しい時代ですね。

私(の職場は)、完全にワークライフアンバランスです。一応、ワークライフバランス推進デーのようなものを実施したりと、いくつか取り組みをしているのですが実態は・・・

ちなみに、今日もこれから仕事です(昨日も仕事でした)。

|

« 「卒業」の二文字 | トップページ | 「牛乳のっぽ」食しました。 »

政治経済&家計」カテゴリの記事

コメント

簿記系の試験は、同じ級なのに難度のばらつきがあったり、解答速報をするうえで資格の学校の先生方の間で討論になるなど、出題内容に関する課題が多いようですね。まぁ、そんなことは低い点数になった原因にはなりませんが(笑)
さて、日曜日の試験のあと、本屋へ寄ったら「ワークライフ・アンバランス」の本がありました(笑)
仕事人間だっていいじゃないか、といった内容のようです。救われた気がしましたよ。見かけたら、立ち読みしてみてくださいね。

投稿: おぱすけ | 2009年3月10日 (火) 21時20分

おぱすけ様

好んで仕事人間になっているのなら良いのですが・・・これ以上は悲しくなるので止めておきます(笑

簿記は、決まりきったルールに則ってやるだけ!、というイメージを持たれがちですが、やってみると奥が深いんですよね。

投稿: ウッチー | 2009年3月11日 (水) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219116/44208663

この記事へのトラックバック一覧です: ワークライフバランス、あなたの職場では?:

« 「卒業」の二文字 | トップページ | 「牛乳のっぽ」食しました。 »