« ご飯のお供が人気だそうです | トップページ | 新しく、三島に大学ができるのΣ(・ω・ノ)ノ! »

2009年11月21日 (土)

“払えない”と“払わない”は違うよね

H21.11.20 YAHOO!ニュース(情報元:毎日新聞)より

<奨学金延滞>84%が年収300万円未満 旧日本育英会

独立行政法人「日本学生支援機構」(旧日本育英会)から奨学金を受け、返還が6カ月以上遅れている人の84.2%は、年収が300万円未満であることが同機構の調査で分かった。正社員の割合は31.4%で、半数が無職かアルバイトや派遣社員などの不安定な職種だった。

 調査は初めてで、07年12月現在の実態について無延滞者も含めて約1万1000人を調べた。年収について回答した6カ月以上の延滞者は2390人。このうち37.3%は年収が100万円未満で、100万円台が28.9%、200万円台が18.0%だった。無延滞者は303人が回答したが、400万円以上が50.2%で、300万円未満は36.0%にとどまった。

 職業については、無延滞者の3859人が回答。67.7%が正社員で、アルバイトや派遣社員、臨時職員などの不安定な職種は13.4%、無職は5.0%だった。一方、6カ月以上の延滞者(回答7162人)では、アルバイトなどが36.3%、無職は15.8%に上った。

 延滞の理由(複数回答)は「本人の低所得(40.8%)」を挙げた人が最も多く、特に大学院で奨学金を受けていた延滞者は57.1%に達した。「親の経済困難」(37.3%)、「本人の借入金の返済」(23.8%)などが続いた。

 同機構は「年収300万円未満の給与所得者などには返還を猶予する仕組みがあるが、手続きしていない人が多いことが分かる。周知を進めたい」としている。

私も、旧日本育英会の奨学金を受けて大学に行ったので、返却の大変さはよくわかります。10数万の給与をある程度貯めたり、ボーナスを使って、年末に支払うということを続けていきました。

給与も、僅かですが年々昇給していったこともあって、卒業してから10年くらいで完済しましたが、その間は結構不自由な事が多かったです(特に、ボーナス時期はみんなと一緒に遊びにいくの断ったり)。

私の場合、正社員として働くことができたので、それでも早めに(通常は15~20年くらい)完済できましたが、そうでなければ毎年の返済も苦しい・困難かもしれません。

でも、だからといって“払わない”という理由にはならないと思います。
記事にあるように、支払いの猶予をしてもらう手続きや相談をする等、“払えない”なりの労力をしなくてはいけないのではないでしょうか?

“払えない”からそのまま放っておくのは、払えるのに“払わない”事と、そう違いがないと思います。

あまりにも未回収が多いと、「将来返せそうもないヤツは貸さない」「担保物件がある場合のみ貸与する」なんて事があるかもしれませんよ。そうなると、奨学金制度そのものが危うくなってしまいますが・・・

|

« ご飯のお供が人気だそうです | トップページ | 新しく、三島に大学ができるのΣ(・ω・ノ)ノ! »

政治経済&家計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219116/46813934

この記事へのトラックバック一覧です: “払えない”と“払わない”は違うよね:

« ご飯のお供が人気だそうです | トップページ | 新しく、三島に大学ができるのΣ(・ω・ノ)ノ! »