« 細川 貂々『ツレがうつになりまして。』 | トップページ | 木村拓也、君を忘れない »

2010年4月 5日 (月)

頑張れ、球界のキムタク!

こんばんはmoon3

先週の金曜日にくも膜下出血で突然倒れた、「球界のキムタク」こと巨人の木村拓也コーチ

依然、意識不明の重体だそうです。

先日も記事にしましたが、同じ歳である私は他人事とはとても思えません。

体力的には低下する一方、仕事でのストレスや責任は大きくなるばかり。
ある意味、現役とは違う意味での満身創痍だったのかもしれません。下の記事なんか見ると、勤め人に近い苦労をしていたのかな。

絶対復活する、と信じて引き続き応援しようと思います。

Photo

H22.4.5 @niftyニュース(情報元:夕刊フジ)より

球界のキムタク、依然意識不明 単身赴任に中間管理職の大きな心労

2日の広島戦(マツダスタジアム)前の練習中にくも膜下出血で倒れ、広島市内の病院に入院中の巨人・木村拓也内野守備走塁コーチ(37)は、依然として意識不明で危険な状態が続いている。単身赴任、さらに中間管理職に就いたばかりの木村拓コーチ。サラリーマンにとっても他人事でないストレスをためこんでいたようだ。

 木村拓コーチにとって高校(宮崎南高)の先輩にあたる巨人の清武英利球団代表は4日、木村拓コーチの容体について「いい方向にはいっていない。正直言って、悪化の一途をたどっている。非常に厳しい状態。広島球団のコーチも病院を訪れているが、わたしたちも本人に会うことはできない。奇跡を待って闘っている最中。奥さんもご両親も非常にお疲れで、見ていて痛々しい」と説明した。

 木村拓コーチと親しい広島選手は「喫煙もよくなかったのかもしれませんね。キムタクさんはヘビー(スモーカー)ですから。単身(赴任)で、慣れないコーチ業に就いたばかり。巨人での現役時代はホテル住まいで、今年からは都内にマンションを借りたとも聞いていましたが…ストレスだらけだったんじゃないでしょうか」と表情を曇らせた。

 1995年から2006年のシーズン途中までの足かけ12年、広島に在籍した木村拓コーチ。巨人移籍後は、家族を広島に残して単身赴任。現役時代、同じ境遇で東京ドームに隣接するホテルを借りている選手もいたのに、わざわざ車で20分ほどかかる品川のホテルを利用していた。その理由を記者が聞くと、「だって東京ドームの隣に住んでいたら、気分転換ができないじゃん」と苦笑いしていた。

 今季は個人営業主といわれる選手から、37歳にして監督と選手のパイプ役、いわば中間管理職にあたるコーチに転身。さぞかし心労も大きかっただろう。

 19年間の現役生活はまさに波瀾万丈だった。県内有数の進学校から周囲の反対を押し切って、1991年ドラフト外で日本ハムに入団したものの、開幕前に当時の支配下登録枠60人(現行制度は70人)から漏れ、任意引退選手扱いに。

 「新聞にも“任意引退選手”として掲載されましたから、プロ入りしたばかりなのにもうクビになったのかと、あちこちから電話がかかってきましたよ。いまの育成選手以下ですよね」。木村拓コーチは今年3月3日、プロ野球新人研修会に講師として招かれた際に語っていた。

 その後は、広島、そして巨大戦力の巨人へ。それでも、07年からのリーグ3連覇はこの人抜きにはありえなかったといえる存在感を示した。08年には史上251人目の通算1000本安打も達成。「こんなに長い間プロ野球選手でいられる自分は本当に運がいい」と何度も話していた。

 幾度となく絶望の淵から復活した経験のある木村拓コーチだからこそ、今度もまた必ず、と祈りたい。

私も今年になってから調子の悪い日が続いていました。

終いには、アトピーが発症したようです。

Img_6807_2

注射の痕じゃありませんよ。

仕事の憂鬱だけでなく、体調管理にも頭を悩ませそうです。

|

« 細川 貂々『ツレがうつになりまして。』 | トップページ | 木村拓也、君を忘れない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219116/48008332

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ、球界のキムタク!:

» 木村拓也内野守備走塁コーチ 動画 [特選日記]
[PR]根岸ステークス競馬予想キムタク“同名コーチ”にエール「粘って勝ってほしい」 lrm;16 #26178;#38291;#21069;lrm; 木村は、名前が同じ発音の巨人・木村拓也内野守備走塁コーチ(37)がくも膜下出血のため入院していることにも言及。 02年..... [続きを読む]

受信: 2010年4月 5日 (月) 22時24分

« 細川 貂々『ツレがうつになりまして。』 | トップページ | 木村拓也、君を忘れない »