« 久々の休日 | トップページ | お久しぶりです »

2010年9月21日 (火)

売れる4類型~セミナーメモ

9月5日、大阪へ日帰りで行ったセミナーの勉強メモ

今回の講師、ネット策士いちろーこと、加藤一郎さんが売れた書籍を分析して4類型に分類したパターンを解説。

これは書籍に限らず、自分自身を売り出したりするのにも応用できる。
(もちろん、自分のやっているビジネスにも応用可)

自分のコンテンツを、これにあてはめてワークしてみると良い。
(自分や自分のビジネスが)どの型かということよりも、どの型にあてはめるべきかに使う方が良い。

パターンは以下の4つ


<左脳型>
■パターン1) 
とてつもない新規性がある研究発表型
■パターン2) 
とてつもない深堀り型

<右脳型>
■パターン3) 
とてつもないコンセプト・企画型
■パターン4) 
とてつもない表現力・フィルタ魅力型


各々の相関関係は図にすると以下のようになる関係


パターン1) |  パターン3)
-----------------------------------------------------
パターン2)| パターン4)

以下の動画で簡単に解説している

・パターン1は売上スピードが早い
・パターン2はネット向き
・パターン4はロングセラー型(例:著書800冊の中谷彰宏氏)

どれか1つしかない場合は、ベストセラーになる事はあってもロングセラーにはなりにくい。
→ブランドにはなりえない(一発屋で終わってしまう)
全てのパターンがあれば言うことはないが、クロスで異なるパターンを持つようにすると良い(パターン1を現在もっているならばパターン4を意識する)。
「金持ち父さん、貧乏父さん」は全てのパターンを持っているからロングセラーでブランドとなった。

いずれのパターンにせよ、語る資格(自分の源泉)が必要ビックリマーク

最近読んだこの本に、彼がたくさんの著作を書けるコンセプトが書いてありました。
彼は最初から、一発屋(ネタ切れ)で終わらぬように自分を構築していたんですね。

|

« 久々の休日 | トップページ | お久しぶりです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219116/50079389

この記事へのトラックバック一覧です: 売れる4類型~セミナーメモ:

« 久々の休日 | トップページ | お久しぶりです »